月刊リキモフ 2024年3月号

12

・今月の撮影日数:14日
・一眼レフ 本格開始からの総撮影日数 53日

今月から「春」の余韻が出てきており、季節性のある被写体なども出てきました。レンズを複数用意してみたり、野鳥のみを狙ってみたりと試行錯誤する一方、天候や予定の調整などで活動日は落ち着き気味に。とはいえ半分弱は稼働していたことに驚きですが。これで、通算稼働日は50日を数える事となりました。

今月考えていた事・意識していた事・学び

初動の大きな成長期を越え、実力的には一回落ち着いてくる頃だと思います。とはいえ、一般の写真投稿サイトで評価を頂ける作品なども多く、一応「趣味人」としては一定のレベルを超えたのかな~と満足です。レンズは妥協無く選んでいるため迷う事もなく「50mm単焦点」で練習を行い、野鳥のための望遠という使い分けの構図が見えてきました。偶然性が好きみたいで、日々、そういう物を楽しんでいると思います。

▼今月の1枚

実は初期のころ、ここと同じ場所で写真を撮影しており、この「ダルマちょうちん」には何か惹かれるものがあるのですが、ずいぶんと構図の切り取り方や光の加減について、変化が出てきたと思います。同じ場所に再び足を運んで改めて撮影する……そんな重要性を実感した1枚かも知れません。のんびりと、しかしながら着実に上達への道を歩んでいきたいなと思っています。

次月への展望

4月は当初から、業務の「メリハリ」を付ける事で、シッカリと時間を取って季節性のある被写体を撮影する準備を整えてみました。どのような写真が撮れるのかはわかりませんが「この季節しか楽しめない」そんな絵柄を収めることを楽しみつつ、少しずつ実力を付けて行ければな……と考えております。活動は今月と同程度くらいに出来れば理想的だと思いますが、思いの向くまま気の向くまま、良い写真撮影を楽しんでいきたいと思います。

また、コラムも95本を超えて100本が見えてきました。重視したいのは「数」ではなく「質」なので、この辺りもじっくりと大事に積み上げていきたいものですね。

来月も、がんばりますので、応援よろしくお願いします!

関連記事