月刊リキモフ 2024年6月号

2

・今月の撮影日数:4日
・一眼レフ 本格開始からの総撮影日数 74日

むー、雨やら仕事やらと言うのはありましたが「撮影!」と言う感じで時間がとれたのは週1回ペース。ちょっと頻度を上げたいのですが、こうして積算を数値化すると実に、最初がハイペースだったのかが良く分かります。まあ、あとは被写体の問題で、6月は天候の問題もあって、ほとんど「花(とくに紫陽花)に終始してしまいました。まあ、街の風景とかを撮ればまた少し違ったのでしょうが、兎にも角にも1年目ですし、しばらはこの「王道路線」を撮影し続けることになりそうです。

今月考えていた事・意識していた事・学び

やっぱり、春と比べて天気で苦戦しつつも「いっそ雨」と言う感じの日も多かったので「雨だから映えるもの」にフォーカスし続けたのが印象的だった1カ月だと思います。カメラの設定を変えながら写りを確認していくプロセスでは、主にデジタル特化のSONYの機種を持ち出して、Leicaがお留守番する日すらありました。雨の中でレンズを構えて、傘もさして……と言うのはやっぱり一定大変だったので、この辺りはレンズ選びも含めて練度を上げていきたいところです。

▼今月の1枚

雨でこそ輝く「紫陽花」ですね。土砂降りの雨の中、水の下たる蓮の葉や、少しうれしそうに咲く紫陽花は、なんだかとても印象的な絵でした。カメラの設定を入れ替えながら写りの違いも見えてきて、この辺り、まだまだ伸びしろがありそうです。SONYのカメラに慣れてきたのも収穫だと思います。

次月への展望

季節が7月に移っていき「夏」らしさが出てくると思います。まずはシーズナリーの王道を抑えながら、自分の知らない世界に見聞を広げ、少しでも撮影の頻度を上げられたらいいなと思います。来月も忙しくはありますが、少なくとも週1回は外に足を運べるように頑張っていきたいと思います。

関連記事